主な画素数比較

主な画素数比較

画素数比較
画素数比較

VGA

 Video Graphics Arrayの略。元々はIBMが発表した表示回路規格のことだったが、VGAの代表的な表示モードに640×480ピクセル・16色があり、それが広まったことから、640×480ピクセルの画面解像度のことを「VGA」と呼ぶようにもなった。

 30万7200画素。ゲームキューブやPlayStation2が大体このあたり。

SD

 "Standard Definition"の略で、日本語では「標準解像度」。主にアナログカラーテレビ放送時代に使われていた。

 解像度を大きく分類する場合にも使用され、LD < SD < HD < UHD となる。

 国によって若干の違いがあり、日本でSDと言えば、720×480(34万5600ピクセル)のこと。

 VHSや初期のDVDは大体このあたり。

HD(720p)

 画面アスペクト比が16:9で有効垂直解像度720本かつプログレッシブ(順次走査)の動画のこと。単にHDと言うときは大体HD(720p)を指す。画素数は1280×720で(92万1600画素)。

 動画だとこの辺からサイズが大きくなるのでWi-fi以外でYouTubeなどの動画を再生するときはHDやSD辺りが多いのではなかろうか。

 Xbox 360・PlayStation 3・Wii U・Nintendo Switch(テーブルモード・携帯モード)がこれくらい。

FHD

 「HD(1080p)」「フルHD」「2K」と書かれていたりもする。画素数は1920×1080で(207万3600画素)。

 Nintendo Switch(TVモード)・PlayStation4がこれくらい。

4K

 "Ultra High Definition TeleVision"(日本語では「超高精細テレビジョン」「超高精細テレビジョン放送」)の中で、2160pのものを「4K」と呼んでいる。

 正式名称は"4K UHDTV"で、"HD(2160p)" , "QFHD"(Quad Full-HDの略)と書かれていたりもする。たまに「スーパーハイビジョン 4K」と呼ばれることもあるが、「スーパーハイビジョン」と言えば大抵8Kのことを指すのでこの呼び方はあまり一般的ではない。

 画素数は4096×2160で(884万7360画素)。

 4Kの「K」はSI接頭辞の「キロ」に由来しており、水平方向の画素数がおよそ4000画素であることからこう呼ばれている。

 2016年に発売されたPlayStation 4 Proは4K解像度に対応している。

8K

 「HD(4320p)」「スーパーハイビジョン」とも呼ばれている。画素数は7680×4320で(3317万7600画素)。

水平視野角100度付近で映像から得られる臨場感は上限に達し、その水平視野角100度はディスプレイの高さの0.75倍の距離で達成できる。そしてその距離から視力1.0の人画面の粗さを気にせず視聴するためにはおよそ8000画素が必要である。らしい。

 まぁつまり日常的な動画視聴やゲームプレイにおいてはこの辺りで十分ということらしい。ただしフレームレートは240fpsあたりまで視認可能とされているので、8K普及後はフレームレートの向上に移行すると予想されている。

まとめ

  • 4K・8Kの「K」は「キロ」のK!
  • 一般向けディスプレイの画素数の進化は8K以降は減速?

注釈