北アメリカの人口・面積・人口密度

人口

北アメリカの諸国の人口の割合
北アメリカの諸国の人口
国名人口面積人口密度
アメリカ合衆国3億3100万2647914742036.2
カナダ3774万215790935104.2
バミューダ諸島6万2273501245.5
グリーンランド5万67724104500.1
サンピエール島およびミクロン島579523025.2

 地図を見てもほぼアメリカとカナダですし、こんなものですよね。

 そして意外?な事にカナダの人口は約3774万人と日本の4分の1強しかいないんですよね。1億人くらいいるイメージがあったのですが。

アメリカ

 人口3億3100万人、面積は915万km2。50の州と連邦区(ワシントンD.C.のこと)でできている国。首都はワシントンD.C.。ちなみにD.C.は "District of Columbia"(コロンビア特別区)の略で、コロンブスにちなんで付けられた。

カナダ

 人口3774万人、面積は909万km2。少し前まで面積は1000万km2弱で世界第2位だったが、算出方法が変わったことで4位に下がった。

 カナダには200~300万個の湖があり、その数はカナダ以外の全ての国の合計よりも多い。また、北極諸島には3万6563個の島があり、その中には巨大な島がいくつもある。そのため、カナダの海岸線は20万kmもあり世界一長さを誇っている。首都はオタワ。

バミューダ諸島

 人口6.2万人、面積は53.3km2で、淡路島の10分の1くらいの広さ。1500年代に発見されたアメリカのすぐ近くにある複数の島で、約150のサンゴ礁と岩礁から出来ている。現在はイギリス領。

 人口密度は1246km2で、世界有数の高さを誇っている。

 ちなみにバミューダトライアングルとは、フロリダ半島の先端と大西洋にあるプエルトリコ、そしてバミューダ諸島を結んだ三角形の海域のことを指している。

グリーンランド

 人口5.7万人、面積は41万km2。だが、総面積の8割に当たる176万km2を氷床で覆われており、それも含めると217万km2になる。世界で最も人口密度が低い場所で、0.14人/km2しかない。世界最大の島としても有名。8割近くが氷で覆われているおり、人口の4分の1が首都のヌークに住んでいる。現在はデンマークの一部。ただし独自の自治政府が置かれている。

サン・ピエール島およびミクロン島

 人口5800人、面積は230km2。カナダ東部のサンピエール島とミクロン島とその周囲にいくつかの島のこと。現在はフランス領。

北アメリカの諸国の人口の推移

 今後も伸び続けるアメリカとカナダ。いずれアメリカは4億人を超え、その多くが黒人になるんだとか。

 カナダの方はもう完全に移民頼り。カナダは移民政策を積極的に実施しており、現在の移民率はカナダ国k民全体の20%にもなるんだとか。まぁその分色々と問題も多いようですが…

面積

北アメリカの面積の割合

 北アメリカの面積の割合です。アメリカとカナダ、グリーンランドが少々。普段メルカトルな地図ばかり見てるのでグリーンランドの意外な小ささに驚きますよね。アメリカやカナダと同じくらい広く見えますが、というか実際に普段見てる地図上では同じくらいの大きさで描かれているのですが、実際は氷床込みで217万km2。アメリカやカナダの4分の1以下です。

まとめ

  • アメリカ:人口3.3億人、面積は915万km2、人口密度は36.2人/km2
  • カナダ:人口3774万人、面積は909万km2、人口密度は4.2人/km2
  • バミューダ諸島:人口6.2万人、面積は50km2、人口密度は1245.5人/km2
  • グリーンランド:人口5.7万人、面積は41万km2、人口密度は0.14人/km2
  • サン・ピエール島およびミクロン島:人口5800人、面積は230km2、人口密度は25.2人/km2

参考

  • 国際連合人口部が公開しているWorld Population Prospects 2019の2020年度の人口密度を元に235の国と地域を対象にしています。